書き方

【ブログ記事】リード文の書き方テンプレート【例文3パターン】

2024年1月21日

この記事で解決できる悩み

こんな悩みを解決する記事を用意しました!

この記事を書いた人

ヘボ

ヘボ

ブログの神様になる男

  • 引きこもり専業ブロガー
  • 6年目(2018年12月〜)
  • 執筆記事数500本以上(3サイト運営)
  • 最高「33万PV/月」達成
  • 初心者に遠回りしないブログ術を発信

ボクの初めてのブログも「30万PV」を超えるメディアに成長しました!

本記事の信頼性

2022年8月のアナリティクスデータ

なぜなら、ある時から「リード文の型」を身につけたから。

そこで、記事の前半で「リード文の重要性と構成」を。

後半では「リード文の書き方テンプレートと最適な文字数」について解説します。

本記事を最後まで読むことで、「歴6年ブロガーが実際に使っているリード文の秘密」がわかりますよ。

3パターンの例文を1クリックでコピペしちゃってくださいね!

関連記事【簡単】ブログのまとめの書き方・例文5パターン【コピペOK】

関連記事【パート別】ブログの書き方テンプレート5つ|初心者でもスラスラ!

ブログ記事のリード文とは「あなたの第一印象」

ブログ記事のリード文とは「あなたの第一印象」

ブログ記事の基本的な構成が、次のとおり。

ブログ記事の構成要素

  • ①:記事タイトル
  • ②:リード文
  • ③:本文
  • ④:まとめ

記事タイトル(アイキャッチ画像)〜最初の見出しのあいだが「リード文」です。

リード文は

  • 導入文
  • 書き出し

とも呼ばれます。あなたのサイトをネット上のお店とするなら・・・

あなたの第一印象

  • タイトルとアイキャッチ画像 → お店の外観
  • リード文 → お店やあなたの第一印象

つまり、リード文とは「自己紹介」です。

リード文とは自己紹介

  • これを読めば、あなたの悩みは解決できますよー
  • これを書いている私は怪しくないですよー
  • ぜひ最後まで読んでいってくださいねー

入店してくれたお客さんにこう伝えることで、良い印象を持ってもらえるんですね。

第一印象は3秒で決まる

ブログも同じです。

また、リード文はブログ記事だけでなく、Webライティングやビジネスメールでも重要なんです。

リード文が8割

なんて言われてるんですよ。

プロフィール
ヘボ

なぜなら、リード文が良くないと「本文」を読んでもらえないからです。

ブログ記事のリード文が重要な3つの理由

ブログ記事のリード文が重要な3つの理由

ブログ記事のリード文が「重要な理由」は、次のとおり。

ブログ記事のリード文が重要な理由

全米屈指のセールスマーケター「ジョセフ・シュガーマン」の名言をご存知ですか?

ブログ記事のリード文・書き出しが重要な理由①:本文を読んでもらえるから

1行目の目的は2行目を読ませること。

2行目の目的は3行目を読ませること。

3行目の目的は・・・
ジョセフ・シュガーマン

リード文が本文を読ませるためなのはもちろん、リード文の1行1行も重要なんです。

なぜなら

  • ①:読者は忙しいから
  • ②:ブログ記事は無数にあるから

絶対に「ボクやあなたの記事」を読まなくてはいけない縛りなんてないですからね。

文章は「滑り台」を滑るように読みすすめてもらえるのが理想です(滑り台効果)。

プロフィール
ヘボ

リード文から本文へ読者を誘導できれば「SEO効果」バツグン!

ブログ記事のリード文・書き出しが重要な理由②:読者の滞在時間がアップするから

  • 最悪:リード文だけ見てブラウザバック → ライバルの記事へ
  • 最高:リード文 → 本文 → まとめ → ほかの記事も

前者はもう「最悪」です!

こんなことが続けばGoogleからの評価は著しく下がり、まず上位には上がりません。

上位にない = 誰にも気づかれない

リアルのお店では、入ってしまったら気まずくて、とりあえず席につくかもですが・・・

悩める者
お客さん

なんか違うな🤔

と思われたら、ネットのお客さんは平気で帰ってしまいますからね。

リード文に大切なこと

  • タイトルとリード文の内容を一致させる
  • 店内のデザインを整える
  • お客さんが求めてるものを提示する
  • お客さんの不安を取り除く・先回りする
  • 意外性・簡便性を伝える

くわしくは、「リード文の書き方のコツ・構成」で解説しますね!

プロフィール
ヘボ

てか、それならリード文なしで、いきなり本文でいいのでは🤔

と思われるかもしれません。

ブログ記事のリード文・書き出しが重要な理由③:ライバルはサボってるから

  • ①:H1タイトル
  • ②:アイキャッチ画像(設定次第)
  • ③:目次
  • ④:最初のH2見出し

リード文がないと、記事の冒頭に「いきなり目次」が表示されますよね。

目次がないと、読者は「読みたい見出し」にジャンプできないので必須です。

とはいえ、いきなりテキストだけの長い目次が表示されると、読者は圧迫感を覚え離脱してしまうんです。

なにより、リード文は疎かにされがちなので、ライバルに差をつけるチャンス!

リード文がないほうが読まれるなら、「いきなり本文スタイル」が主流になってますからね。

プロフィール
ヘボ

では、ライバルに差をつける「リード文の書き方」いきます!

ブログ記事のリード文の書き方6つのコツ・構成

ブログ記事のリード文の書き方6つのコツ・構成

ブログ記事のリード文の書き方の「コツ・構成」は、次のとおり。

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成

細かく分けたので多く感じますが、約半分は毎回「固定(コピペ)」なので、安心してくださいね。

また、どんなキーワードにも対応できるように「3パターン」用意しました!

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成1:読者の悩みを箇条書きにする

この記事で解決できる悩み

さらに、アンカーリンクをつけて該当の見出しにジャンプできるようにしています。

「いきなり目次」にならないように、多くても5個ほどに留めましょう。

また、目次よりカジュアルに見えるように、読者が話しているように書くのがおすすめ。

このように「吹き出し」に入れるのもいいですね。

関連記事【コピペOK】ブログの吹き出しの作り方3選をWebデザイナーが解説

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成2:解決できるとあえて言う

こんな悩みを解決する記事を用意しました!

これだけです。

YouTuberが「高評価とチャンネル登録お願いします!」

とわざわざ言うように、あえて言うことで読みすすめてもらえます。

ほかの言い方

こんな悩みに答えます!

ここは毎回「固定」で大丈夫ですよ。

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成3-A:解決できる根拠を見せる

この記事を書いた人

プロフィール

ヘボ

ブログの神様になる男

  • 引きこもり専業ブロガー
  • 6年目(2018年12月〜)
  • 執筆記事数500本以上(3サイト運営)
  • 最高「33万PV/月」達成
  • 初心者に遠回りしないブログ術を発信

ボクの初めてのブログも「30万PV」を超えるメディアに成長しました!

本記事の信頼性

2022年8月のアナリティクスデータ

「この記事を書いた人」と「Googleアナリティクスのデータ画像」の2つ用意しています。

ポイントは「あなたの実績・権威性」を見せること。

それとは別に、テキストで「解決できる根拠」を書きましょう。

とはいえ、ここは記事の内容によって変わるはず。

リード文を「5年以上」続けて、この3パターンにたどり着きました!

ここからテキストが始まる

  • A:解決できる根拠を見せる
  • B:読者に共感する
  • C:ストーリーから始める

本記事のリード文が次のとおり👇

なぜなら、ある時から「リード文の型」を身につけたから。

リード文はPV数に直接的に影響を与えるので、実績からの流れがスムーズですよね。

もちろん嘘はダメですよ。

プロフィール
ヘボ

実績がない、もしくは実績に紐付けられない内容なら・・・

リード文で読者に共感・寄り添いましょう。

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成3-B:読者に共感する

いきなり「リード文を書け!」って言われても困りますよね。

そもそも「リード文って何?」という方もいるかもしれません。

プロフィール
ヘボ

ボクが初心者のころは「リード文」なんて概念すらありませんでした。笑

そこで、ある時リード文について勉強し、全記事で実施してみたんです・・・

心理学でいう「バーナム効果」

共感することで、「そうそう!そうなんだよ!」「私のこと言ってる!」と読者に思ってもらえるわけですね。

「読者に共感するバージョン」がいちばん作りやすいかもしれません。

プロフィール
ヘボ

リード文をいきなりストーリーから始めるのもアリ!

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成3-C:ストーリーから始める

あれはボクがまだ初心者だったころ。

ブログを書いても書いても誰にも届かない毎日。

ある時SEOについて勉強し、全記事のリード文だけ変えたところ…!

「ストーリーテリング」は一瞬で読者の心を掴みます。

ポイントはV字

  • ①:日常😌
  • ②:どん底😭
  • ③:成功😆

「映画・ドラマ・漫画」ストーリー物はみんなこの構成ですよね。

リード文だけ変えるなど「かんたん」だったら尚良し。

なにより、ライバルはほとんど取り入れてないはずなので、差別化を図れますよ。

とはいえ、これも嘘はダメですからね。

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成4:記事の要約を書く

そこで、記事の前半で「リード文の重要性と構成」を。

後半では「リード文の書き方テンプレートと最適な文字数」について解説します。

キーワードや上位記事から予想できる「読者が求めているもの」を抜粋して提示しましょう。

ここがズレてると離脱されてしまいますからね。とはいえ、このパートは簡単ですね。

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成5:最高 or 最悪の未来を見せる

本記事を最後まで読むことで、「歴6年ブロガーが実際に使っているリード文の秘密」がわかりますよ。

読者が得られる「最高の未来」をベネフィットと言います。「メリット」とは少し違うんです。

「高画質カメラ内蔵スマホ」を訴求するなら、次のとおり。

表は横にスクロールできます

メリット ベネフィット
高画質の写真が撮れます! 子どもの成長を最高品質で残せます!

ベネフィットはアフィリエイトの訴求でも使えるので、覚えておいてくださいね。

とはいえ、人間は「得より損を嫌う」生き物です👇

リード文を疎かにすると、読者はさっさと検索エンジンに戻り、ライバルの記事へ・・・

ブログで稼ぐなんて夢のまた夢ですよ。。。

あなたの記事をスルーすることで待っている「最悪の未来」を言語化しましょう。

ブログ記事のリード文の書き方のコツ・構成6:読者の背中を押す

3パターンの例文を1クリックでコピペしちゃってくださいね!

イメージは、テーマパークの「それではお客様、行ってらっしゃいませー!」みたいな感じです。

短いブログ記事なら・・・

サクッと5分で読めますよ!

とかでもいいですね。読者の背中をそっと押しましょう。

補足①:訴求する

関連記事【簡単】ブログのまとめの書き方・例文5パターン【コピペOK】

リード文と対をなす「まとめの書き方」を訴求しています。

とはいえ、あくまで読んでほしいのは「本記事」なので、最後にも同じものを用意しています。

「ブログの始め方」に関する記事なら👇

今すぐWordPressでブログを開設する方法が知りたい方は、「【初心者でも10分でできる】WordPressブログの始め方」をご覧くださいね。

アフィリエイトを訴求してもいいですね👇

ブログを始めたい方へ

エックスサーバーのお友達紹介プログラム

当サイト経由で、国内シェアNo.1レンタルサーバー『エックスサーバー』に申し込むと、最大10,000円割引になります。

しかも、今ちょうどやっている「お得なキャンペーン」との併用もOK!

\ 初期費用無料! /

キャンペーンは予告なく変更・終了する可能性あり

こんな感じで「ボックス」で囲ってあげると目立つし、おすすめです。

成約率が高い場所

  • 目次の上 → 読者が多いから
  • まとめ部分 → 最後まで読む読者は熱心だから

当たり前ですが、読者は下へ行けば行くほど離脱します。

リード文がいちばん読まれるので、訴求するなら「目次の上」がベスト!

補足②:目次を置く

冒頭の「箇条書き」とは違って、全見出しを網羅したものを設置しましょう。

プラグインが主流ですが、ボクは自作したものを毎回コピペしています。

このあとに「最初のH2見出し」が来るので、ここまでがリード文になります。

プロフィール
ヘボ

リード文の「構成」がわかったところで「テンプレート」を見ていきましょう。

【コピペOK】ブログ記事のリード文の書き方テンプレート【例文3パターン】

【コピペOK】ブログ記事のリード文の書き方テンプレート【例文3パターン】

ブログ記事のリード文の「書き方テンプレート」は、次のとおり。

ブログ記事のリード文の書き方の例

1クリックでコピペできるように工夫したので、どうぞ👇

ブログ記事のリード文の書き方テンプレート①:解決できる根拠を見せるバージョン

右上のCopyをクリック

<!-- 1:読者の悩みを箇条書きにする -->
・読者の悩み1(見出し1へのリンク)
・読者の悩み2(見出し2へのリンク)
・読者の悩み3(見出し3へのリンク)

<!-- 2:解決できるとあえて言う -->
こんな悩みに答えます!

<!-- 3-A:解決できる根拠を見せる -->
あなたの実績(データや画像)を用意する

<!-- 3-B:解決できる根拠を見せる -->
なぜなら、本記事の方法を実践したことで◯◯できるようになったから。

<!-- 4:記事の要約を書く -->
そこで、記事の前半で「見出し1」を、後半では「見出し2・3」について解説しています。

<!-- 5:最高 or 最悪の未来を見せる -->
この記事を読み終わるころには、あなたも◯◯できるようになっていますよ。

<!-- 6:読者の背中を押す -->
サクッと5分で読めるので、最後まで読んでいってくださいね!

<!-- アフィリエイト or 内部リンクを設置する -->

<!-- 目次を設置する -->

まずは、あなたの実績からスムーズに「解決できる根拠」を見せられるか考えてみてください。

とはいえ、スゴい実績じゃなくても大丈夫ですよ。

ブログ記事のリード文の書き方テンプレート②:読者に共感するバージョン

右上のCopyをクリック

<!-- 1:読者の悩みを箇条書きにする -->
・読者の悩み1(見出し1へのリンク)
・読者の悩み2(見出し2へのリンク)
・読者の悩み3(見出し3へのリンク)

<!-- 2:解決できるとあえて言う -->
こんな悩みに答えます!

<!-- 3-A:解決できる根拠を見せる -->
あなたの実績(データや画像)を用意する

<!-- 3-B:読者に共感する -->
ぶっちゃけ◯◯ってよくわかんないですよね。ボクもそうでした。
ところが今では「自分なりの型」を使って◯◯しているんです。

<!-- 4:記事の要約を書く -->
そこで、記事の前半で「見出し1」を、後半では「見出し2・3」について解説しています。

<!-- 5:最高 or 最悪の未来を見せる -->
この記事を読み終わるころには、あなたも◯◯できるようになっていますよ。

<!-- 6:読者の背中を押す -->
サクッと5分で読めるので、最後まで読んでいってくださいね!

<!-- アフィリエイト or 内部リンクを設置する -->

<!-- 目次を設置する -->

読者の気持ちは初心者こそよくわかるので、「共感」は取り入れやすいですよね。

「万人受け」を狙うより、「特定の一人」に刺さる文章を作りましょう。ペルソナってやつですね👇

関連記事ブログにペルソナはいらない?3つの作り方・書き方【ワークシート配布中】

ブログ記事のリード文の書き方テンプレート③:ストーリーから始めるバージョン

右上のCopyをクリック

<!-- 1:読者の悩みを箇条書きにする -->
・読者の悩み1(見出し1へのリンク)
・読者の悩み2(見出し2へのリンク)
・読者の悩み3(見出し3へのリンク)

<!-- 2:解決できるとあえて言う -->
こんな悩みに答えます!

<!-- 3-A:解決できる根拠を見せる -->
あなたの実績(データや画像)を用意する

<!-- 3-B:ストーリーから始める -->
実は◯◯について何年も悩んでいたんです。
本記事の方法を取り入れるまでは…!

<!-- 4:記事の要約を書く -->
そこで、記事の前半で「見出し1」を、後半では「見出し2・3」について解説しています。

<!-- 5:最高 or 最悪の未来を見せる -->
この記事を読み終わるころには、あなたも◯◯できるようになっていますよ。

<!-- 6:読者の背中を押す -->
サクッと5分で読めるので、最後まで読んでいってくださいね!

<!-- アフィリエイト or 内部リンクを設置する -->

<!-- 目次を設置する -->

ポイントは「胡散臭くならないようにすること」。

また、ストーリーは長くなりがちなので、注意が必要です。

補足リード文の文字数は「500文字」ほど

結論、リード文は「500文字ほど」に収めましょう。

なぜなら、「1分以内に読めるから」。

リード文は「本文」ではないので、長すぎても離脱の原因になってしまうんです。

ちなみに、本記事のリード文の文字数は「455文字」でした。「まとめ」も短くですよ👇

関連記事【簡単】ブログのまとめの書き方・例文5パターン【コピペOK】

ブログ記事のリード文3つの注意点

注意点

ブログ記事のリード文の「注意点」は次のとおり。

注意点

順番に見ていきましょう!

ブログ記事のリード文・書き出しの注意点①:あいさつはいらない

こんにちは、◯◯です。

最近、近所に「からあげ屋」ができて体重が心配です!笑

さて、今日は「ブログのリード文」について解説します。

たまに見かけますが、ブログにあいさつは不要です。

1行目の目的は2行目を読ませること。

2行目の目的は3行目を読ませること。

3行目の目的は・・・
ジョセフ・シュガーマン

1行目も2行目も、読者にとって「有益ではない」ですよね。

あなたの情報は「この記事を書いた人」などの実績・権威性で出しましょう。

ブログ記事のリード文・書き出しの注意点②:リード文から書かない

  • ①:見出しを決める
  • ②:本文を書く
  • ③:まとめを書く
  • ④:リード文を書く
  • ⑤:タイトルを決める

リード文は「本文 → まとめ」を書いたあとに書きましょう。

なぜなら、二度手間になるから。

「記事の全体像が見えてない」状態でリード文を書いてしまうと、あとで修正することになりますからね。

早くても「本文がほぼ完成してから」にしましょう。

ブログ記事のリード文・書き出しの注意点③:盛らない

本記事のリード文をコピペするだけで、「絶対に」ブログで稼げるようになりますよ!

いくら本文に誘導したいからと言って、盛ってはいけません。

これはタイトルにも言えることですが、本文を読んで「釣られた!」

と思った読者は、二度とあなたのブログを読んでくれないでしょう。

「信用」はPVや収益より大事なので、盛るのは絶対NGです。

ブログ記事のリード文の注意点」を最初から見る!

ブログ記事のリード文のよくある質問【Q&A】

よくある質問【Q&A】

ブログ記事のリード文の「よくある質問(Q&A)」は次のとおり。

よくある質問

順番に見ていきましょう!

Q1:リード文とメタディスクリプションの違いは?

A検索エンジンのタイトルの下に表示されるのが、メタディスクリプションです。

メタディスクリプション(記事の説明文)を設定しないと、リード文が表示されることがあります。

メタディスクリプションは「90〜120文字」ほどしか表示されないので、リード文よりもっと短くなりますね。

Q2:ブログ記事のリード文のほかにオススメの記事は?

A当ブログの中から「書き方編」をどうぞ。

どれも1本の記事にするくらい「大事」なので、読んでおいてくださいね!

ヘボ
ヘボ

ここまで読んでくれたあなたへ

最後に、大切なお知らせです。

ブログ記事のリード文は書き方テンプレートで簡単!【まとめ】

ブログ記事のリード文は書き方テンプレートで簡単!【まとめ】

ブログ記事の「リード文の書き方」について解説しました。

まとめ:ブログ記事のリード文の書き方

  • ブログ記事のリード文とは「あなたの第一印象」
  • リード文の目的は本文への誘導
  • リード文の書き方テンプレートをコピペして使おう
  • リード文の文字数は500文字に収めよう
  • リード文は本文・まとめが完成したら書こう

本記事で紹介した「テンプレート(例文)」をコピペすれば、初めてでも「プロ級のリード文」が書けます。

リード文を覚えたら、次は「まとめ」です。

まとめはもっと簡単なので、こっちもコピペしておいてくださいね👇

関連記事【簡単】ブログのまとめの書き方・例文5パターン【コピペOK】

関連記事【パート別】ブログの書き方テンプレート5つ|初心者でもスラスラ!

ブログのリード文の書き方の例」を最初から見る!

ブログを始めたい方へ

エックスサーバーのお友達紹介プログラム

当サイト経由で、国内シェアNo.1レンタルサーバー『エックスサーバー』に申し込むと、最大10,000円割引になります。

しかも、今ちょうどやっている「お得なキャンペーン」との併用もOK!

\ 初期費用無料! /

キャンペーンは予告なく変更・終了する可能性あり

人気記事【初心者でも10分】WordPressブログの始め方を画像で解説

人気記事【14大特典】AFFINGER6本音レビュー!3年使ったメリット

人気記事【必須ツール】Rank Trackerの料金・使い方・無料版との違い

人気記事【5万稼ぐ】A8.netのセルフバックのやり方とおすすめASP・案件6選

  • この記事を書いた人

ヘボ

働きたくないので毎日休まずブログを書いてます|ブロガー6年目|最高33万PV|3サイト運営|ブログが天職で娯楽|初心者に遠回りしないブログ術を発信|当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

-書き方

テキストのコピーはできません。

© 2023 ブログの神様|THE GOD OF BLOG